June 08, 2005

滑落現場

滑落現場皆様ご心配をお掛けしましてすみませんでした.無事にチェコへ戻って参りました.

昨日は疲労のため休息.改めて滑落した時の状況を考えると,よく助かったと思うし,無謀な登山であったと反省.滑落までのルートを地図に示す.青いルートが昇りで,赤いルートが降り.曲線を描きながら滑落し,中洲状になった岩場に引っ掛かり助かった.落ちる夢を見た時の,あの背筋が一瞬凍りつくような厭な感覚.それが現実になった瞬間のあの気持ちは思い出すだけでも恐ろしいですな.


滑落直前に撮影滑落の直前に撮影した写真.最上部の雪渓まで登り,狭くて大変急な雪渓から何とか降りたところで気が緩んだのか滑落.

andromedayaki at 14:11│Comments(4)TrackBack(0) スロヴァキア 

 トラックバックURL...記事に関係ないTBは削除させて頂きます

この記事へのコメント

1. Posted by ひまわり   June 08, 2005 19:14
お久しぶりです。
怪我と聞き、大変心配しておりました。

綺麗なバラには〜〜のように、
素敵な景色の中に隠れる、自然の怖さ。
登山は、恐怖と隣りあわせなのだな・・・と思いました。

2ヶ月ほど前に、会社の先輩が交通事故に合いました。
10メートル吹っ飛ばされ、重症でした。
見舞いにいくたび、痛々しくて、心が痛くなります。

soraさんも、どうか、お体を大切になさってください。
2. Posted by ソラ   June 08, 2005 20:07
ひまわりさんこんにちは.

小生は100メートル以上吹っ飛ばされましたが,奇跡的に軽症で済みました.

自然は決して征服できないからこそ美しく憧れ続ける対象なんですね.

元来不注意者の小生ですが,次回からは着実な一歩を心掛けたいと思います.登山も人生も.
3. Posted by Hr. N   June 09, 2005 20:57
100m?びっくりしました。大変だったんですね、でも無事でよかったです。今月ケルンでお会いできるのを楽しみにしております。
4. Posted by ソラ   June 10, 2005 03:00
日本のワールドカップ進出が決定したので,ケルンでのブラジル戦が俄然楽しみになりましたね.現地でお会いしましょう.

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
チェコの愛車
シュコダ
シュコダ・フェリツィア, 1300cc, 5MT, 1995年型
神戸の愛車
プジョー
プジョー206-S16, 2000cc, 5MT, 2001年後期型
プロフィール

SOLA

流星-彗星-小惑星を追い求め世界を放浪する天文学者の四方山話。地球(チェコ-台湾)を拠点に宇宙・科学・文化・芸術・音楽を楽しむ旅人生ブログ。

最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
空 犬