お薦めの一冊

July 08, 2005

ドイツの原子力物語とチェコの原子力

ドイツの原子力物語お薦めの一冊「ドイツの原子力物語(外林秀人&外山茂樹訳編著)」。1938年12月,ドイツ・ベルリン,ダーレム地区にあるカイザー・ウルムヘル化学研究所でウランの核分裂連鎖反応が発見された。それは,オット・ハーンと理論物理学者リーゼ・マイトナー女史,そして分析化学者フリッツ・シュトラスマンの三人の共同研究で成し得たものだった(皮肉にも,マイトナー女史は,ナチスのためスウェーデン・ストックホルムに亡命していており,表向きはこの栄誉に与れなかった。後年,オット・ハーンのみがノーベル賞を受賞している)。
核分裂実験成功後,ナチス旋風の猛威でユダヤ人科学者が追放され(その殆どがアメリカへ渡った),原子力の舞台はアメリカへ移る。アメリカに亡命したボーアとナチス陣営のハイゼンベルクの原子爆弾製造競争,理化学研究所の仁科芳雄の「仁」プロジェクト,アインシュタインのルーズベルト大統領への伝説の書簡,マンハッタン計画,オッペンハイマー,コンプトン,ローレンス,フェルミらの科学顧問団,原爆製造都市ロスアラモスの出現,ポツダム会談中の原爆投下決断,様々なドラマを経た6年7ヶ月後,1945年8月6日に広島,9日に長崎にそれぞれウラン型原子爆弾とプルトニウム型原子爆弾が投下され広島で約14±1万人(1945年12月末当時,当時広島市の人口は約35万人),長崎で7万4千人の方が死亡した(筆者の外林氏自身も広島の爆心地から1.7km地点で被爆し家族を失っている)。

この物語は,ドイツ・マックス・プランク研究所教授,ベルリン工科大学・高分子物理化学教授である外林秀人氏が執筆した原子力物語である。小生は,昨年夏にベルリンで開催されたドイツ研究者ネットワーク会合で外林氏の講演を拝聴し,懇親会で知り合う機会があった。昨秋改訂された「ドイツ原子力物語」が出版されたとのことで,外林さんから直接連絡を頂き最近送って頂いたものである。

数ある原爆関連書の中でも,本書は特にベルリン・ダーレムを舞台の中心に描写されたもので,当時の錚々たる物理学者達の人間関係や,ドイツと日本の科学者交流などが紹介されていて面白い。むしろ錚々たる面子(物理学者)を記述するスペースが本書では足りないと思うほどエキサイティングな現場の様子が分かる。ドイツで研究する日本人は必読でしょう。

【入手方法など】詳しくは以下のページに紹介がある(定価2千円,送料は出版社負担,海外へも送料無料)
総合工学出版会 出版事務センター(担当;宇田川様)
bannerクリックしてブログランキングのご協力を
続きを読む

andromedayaki at 22:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

July 07, 2005

学生の努力と根性の衛星「キューブサット」

キューブサット物語お薦めの一冊「キューブサット物語(川島レイ著)」。キューブサット(CubeSat)とは,スタンフォード大学のトィッグス教授(Bob Twiggs)が1999年に提案したサイコロ型の超小型衛星である。2003年6月30日,東大(中須賀研究室)東工大(松永研究室)の2つの学生チームは,世界で初めてこのキューブサットという一辺が10cmの立方体の超小型衛星を開発して実際に宇宙へ飛ばしてしまったのだ。この物語は,学生達が日夜寝食も忘れて試行錯誤して衛星を製作し,宇宙へ打ち上げ,自ら運用し,さらに搭載カメラで地球を撮影して携帯電話へ配信するサービスまで始めてしまった努力と根性のドキュメンタリーだ。ものづくりは泥臭いから楽しくて,失敗があるからこそ感動がある,昔自分も味わった(もっと味わいたかった)そんな奮闘激を記した一冊で一気に読んでしまった。
bannerクリックしてブログランキングのご協力を
続きを読む

andromedayaki at 23:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

June 14, 2005

神々の山嶺

神々の山嶺お薦めの一冊;神々の山嶺(上・下)夢枕獏著(集英社).山嶺に取りつかれ,ついにはヒマラヤに挑む男達の物語.どうして山に登るのか「そこに山があるからじゃない.ここに,俺がいるからだ」 自己への限りなき挑戦,究極のバリエーションと孤独な登攀.自分とは次元こそ違うが,共感し,胸熱くなる山屋魂がこの物語にはある.俺も行くぞ!憧れのヒマラヤ(街道)へ...

”あれは麻薬だな.一度,山で岩の壁に張り付いたら,そこで,あれを味わったら,日常なんてぬるま湯みたいなもんだ...”


続きを読む

andromedayaki at 00:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)
チェコの愛車
シュコダ
シュコダ・フェリツィア, 1300cc, 5MT, 1995年型
神戸の愛車
プジョー
プジョー206-S16, 2000cc, 5MT, 2001年後期型
プロフィール
最新コメント
空 犬